釣り挑戦記一覧

NO IMAGE

宇崎日新は、なぜプロミネントを市場投入したのか?

第56回は、宇崎日新の両軸遠投竿の概要と評価です。宇崎日新には、剛性の強い①ZEROSAM磯両軸X4竿および②イングラム ブラック エディション遠投両軸竿と、少し柔らかめの竿③イングラム 両軸遠投竿および④プロミネント遠投両軸竿の4種類があります。これらの特性と概要を調査しました。

NO IMAGE

ダイワの両軸遠投竿は、柔・硬・剛と充実のラインナップ

第55回は、ダイワの両軸遠投竿の推移と評価です。第53回はがまかつ竿を、第54回はシマノの竿を比較検討しました。シマノが両軸遠投竿から撤退傾向なのに対し、ダイワは両軸遠投竿の強化を図り、柔のインプレッサ、硬の剛弓カゴ、剛のオレガ遠投を投入し、充実の一途です。

NO IMAGE

遠投かご釣り、最も飛ばせる竿は?カゴスペシャル?

第53回は、少しでも遠くに飛ばしたい。竿は何が良い?がまかつ竿の検討です。竿やリールの種類はあまりにも多く、しかも常に変更やマイナーチェンジが行われています。釣り人は自分に合った竿やリールを探すのが難しくなっています。そこで分かりやすく竿の特徴や使いやすさ、評判などについて解説します。

NO IMAGE

時合いが来た!早く、早く、カゴの中にシラサエビを!

一平は、当初遠投カゴ釣りにおいて、シラサエビを1匹ずつ指でつまんで、遠投カゴの中に入れていました。しかし、この方法はシラサエビのトゲが刺さったり、指が濡れたり、何よりも時間がかかるのが問題でした。そこで、シラサエビを素早くカゴに投入する簡単な方法を考えたので報告します。

NO IMAGE

釣りエサ、シラサエビの捕獲作戦

釣りエサ・シラサエビの捕獲作戦、エビの群れを探せ! こんにちは! 一平です。第51回は、釣りエサ・シラサエビの捕獲作戦です。一平の近所の川に行けば、玉網の一掬(ひとすくい)で数匹のシラサエビを捕ることができます。釣り人の中には近所の川に行き、シラサエビを捕って、エサ代を浮かせようと考える人もいるのではないでしょうか

NO IMAGE

シラサエビの入手困難(4~6月)は、今後も続くのか?

2017年4月~6月上旬に、シラサエビが関西の釣りエサ販売店で、ほとんど手に入らないという事態が発生しました。この傾向は2018年も同様で、2019年にはやや改善されましたが、4~5月のシラサエビ入手困難という課題は、解決されたわけではありません。その原因を調査しましたので報告したいと思います。

NO IMAGE

圧倒的実績のシラサエビ!平磯海づり公園の真鯛釣り

30cmを超えるマダイを波止から釣るのはなかなか難しいものです。しかし、平磯海づり公園で、遠投カゴつりでマダイを狙えば、30cm級のマダイを釣るのはそれほど難しくはありません。但し、エサはシラサエビです。とにかく平磯海づり公園の真鯛釣りでは、シラサエビの実績が断然で、第49回はこのシラサエビについての報告です。

NO IMAGE

釣りエサ、驚くべきシラサエビの価格差、三店の比較

第48回は、シラサエビの価格差についての調査です。垂水、明石近辺のエサ販売店・三店の価格を比較したので、その結果について詳しく報告します。同じカップ一杯分で① シラサエビの数は68匹~315匹の差が、② 重量では約40~110gの差がありました。また、500円で買えるシラサエビ(重量)は、約50g~82gでした。

NO IMAGE

遠投カゴ釣り、最新の遠投カゴの比較(2)

第47回は、渚の遠投師製カゴとサンナーカゴの特長、問題点、評価などについて報告します。渚の遠投師製カゴは、形も見栄えも良く、上下のカゴの分離も非常に良い。ただ、上カゴに挿入された浮力体は壊れやすくエサ入れの邪魔になります。また、カゴ先端部が尖っていて足の上や床を傷つける恐れがあるのが欠点です。サンナーカゴは・・・

PAGE TOP