平磯公園のチヌ釣果は少ないが、40cmオーバーが当たり前

平磯で40cmを超えるチヌをテントNO6、10の西側で狙う

 こんにちは! 一平です。第28回はチヌです。
チヌは、昔から奥の深い釣りとして人気があり、エビをヌカ団子で包む「紀州釣り」やウキフカセ釣り、落とし込み釣り、筏(カカリ)釣りなどがあります。さらに、最近ではルアーでチヌを狙う「チニング」も人気です。

平磯海づり公園では、集魚剤が禁止なので、チヌ釣り師にとってはあまり魅力がないかもしれません。逆の見方をすれば、チヌ釣りに関して、平磯海づり公園は釣り荒れていないと言えます。釣れる数は少ないですが、チヌのサイズはほとんどが40cmオーバーと大型です。

写真ー1 大蔵海岸より明石大橋を望む

写真ー1 大蔵海岸より明石大橋を望む

            

1.今週の狙い
 2月から3月末までは、釣り人も少ないので「今週の狙い」は休みます。
また4月から再開したいと考えています。

2.チヌ(クロダイ)について
 チヌは黒鯛(クロダイ)とも呼ばれ、成長によって表―1のように呼び名が変わる出世魚でもあります(三大出世魚は、スズキとブリとボラです)  

表ー1 チヌ呼び方 

表ー1 チヌ呼び方

                      
しかし、三大出世魚ほど、呼び名の変わり目がはっきりしていません。どうやら、黒鯛は
育つ環境によって成長スピードが大きく異なるため、はっきりしないようです。
従って、表―1は目安と考えた方が良さそうです。
さらに50cm以上を「年なし」、60cm以上を「ロクマル」と呼ぶそうです。
英語でチヌは black sea bream  真鯛は red sea bream ,キビレは yellow fin sea bream です。

写真―2にチヌとキチヌ(キビレ)を示します

写真ー2 チヌとキビレの比較

写真ー2 チヌとキビレの比較
(写真は、ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑より)

平磯海づり公園の釣果情報では、チヌとキビレ(キチヌ)とを分けていますが、キビレは数少ないので、一平の釣果情報ではキビレをチヌに含めてカウントしています。

また、チヌとキビレの見分け方は、「さかなクンのお魚図鑑」によると側線から上のうろこ枚数で見分けると解り易いのだそうです。クロダイは5.5枚、キビレは3.5枚と違いがあるのだそうです。

3.チヌの釣果報告件数

 グラフー1に、2015,2016年の平磯海づり公園での、チヌの月ごとの釣果報告件数をを示します。                                   
   

グラフー1 平磯海づり公園におけるチヌの釣果報告件数

グラフー1 平磯海づり公園におけるチヌの釣果報告件数
(2015,2016年合計)

グラフー1より
・ チヌは、年間を通して釣れてはいるが、37件と数は少ない。平均で3件/月 程度。
・ どちらかと言えば2月、3月、4月が多い。特に釣りものが最も少ない3月に一番多く釣れるのが特徴的である。

表ー2に チヌのサイズごとの釣果件数を示します。

表ー2 チヌのサイズごとの釣果件数

表ー2 チヌのサイズごとの釣果件数

               

表―2より40cm以上の釣果情報が最も多く28件と全体の約75%を占めた。

4.チヌが釣れる場所

図ー1に、平磯海づり公園で、チヌが釣れた日と場所を示します。

図ー1 チヌが釣れた日と場所

図ー1 チヌが釣れた日と場所

                                          図ー1より

・ チヌはテントNO2より西、テントNO13より東側の範囲でほとんどが釣れている。
・ 特に1月~6月まではテントNO6、10の西側で良く釣れることが判る。

5、チヌ釣り師の仕掛け

 表ー3に、平磯海づり公園における、2年間(2015,2016年)のチヌの釣果情報で、掲載回数が2回以上あった人達の仕掛けを表ー3に示します。

表ー3 チヌ釣り師の仕掛け内容

表ー3 チヌ釣り師の仕掛け内容
(2015,2016年)

表―3より、 チヌを平磯海づり公園で狙っている釣り人は

・ 針はチヌ2~3号、ハリスは1.7~3号、錘はB~1号、エサはオキアミ/アミエビかシラサエ
  ビで、タナは約2~3ヒロである。
・ チヌ釣りで集魚剤の使用が、平磯海づり公園では禁止なので、チヌ釣り師にとっては厳し
  い釣りかもしれない。

チヌ釣りは、一般的にエサを底に撒き、チヌを集めて釣ります。
どんなマキエをどれくらい使い、集魚剤の配合比を考え、どのように撒いて使うかが大きなポイントで、このあたりにそれぞれの個性が出て、釣り師の腕の見せ所となるのですが、海釣り公園の環境保護のためには仕方ありませんね。

6.その他

 2015,2016年に平磯海づり公園で釣れた最大サイズのチヌは、2016年3月12日の51.5cmです。50cm以上のチヌは「年なし」と呼ばれています。
ちなみに、現在のチヌの日本記録は、71.6cm(重量5.72㎏)で2011年5月に三重県の尾鷲の磯で釣り上げられたそうです。

それまでは2002年6月に福岡県で釣れた70.2cmのチヌで、これがまた面白い。
釣ったのは釣り名人でもなんでもない人で、ファミリーフィッシング場で釣ったそうです。
サビキで釣ったカタクチイワシを泳がして、スズキを狙っていたとのこと。
全国にチヌ釣りファンは非常に多く、日本記録を目指して日夜奮闘しているチヌ釣り師が多くいる中で、これには開いた口がふさがらない、本当にびっくりしたことでしょう。

真鯛の釣果報告件数が2015,2016年の合計で70件もあるのに、チヌは37件です。
平磯海づり公園では、チヌ釣りは主流ではありません。
しかし、70cmを超えるようなチヌが釣れたら、きっと平磯海づり公園にチヌ釣り師が押し寄せること間違いないと思います。
いつか、そんな日が来るかもしれないと思うとわくわくしてきます。

次回はグレを取り上げたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP