2019年02月一覧

NO IMAGE

40cm以上の真鯛が、6月~11月まで釣れ続く平磯海づり公園

平磯海づり公園は、目の前がまさに明石海峡で、明石鯛が釣れる絶好の釣り場です。釣れる時期は4月の終わりごろから12月までです。60cm以上も時々釣れますが、一平の釣る真鯛は、25~30cm級が多いです。平磯海づり公園のベテラン真鯛釣り師は、遠投用の天秤カゴを使って、沖で釣る方法が主流です。

NO IMAGE

平磯海づり公園のアコウ釣りは、6月から11月まで

アコウ(キジハタ)は、大阪湾で獲れる魚の中では最も高価な魚の1つです。平磯海づり公園で釣れるアコウは、20~40cmのサイズが多く、30cmを超えるものは10月、11月に集中しています。また、テントNO11~西端か、テントNO5~東端の範囲を中心に釣れます。

NO IMAGE

平磯海づり公園のグレはテントNO6~13で釣れ!

平磯海づり公園では、集魚剤禁止や釣れるグレのサイズが小さいこともあって、今のところグレ釣りは中心的な釣りではありません。しかし、グレの荒食いが始まる5月、6月には数もつれ、引きが強いので本当に楽しめる釣りです。集魚剤を使わない平磯海づり公園のベテラン釣り師の仕掛けを参考にして、グレ釣りを楽しみましょう

NO IMAGE

平磯公園のチヌ釣果は少ないが、40cmオーバーが当たり前

平磯海づり公園では、集魚剤が禁止なのでチヌ釣師にとっては面白味がないかもしれませんが、その分釣り荒れていないと言えます。釣れる数は少ないですが、サイズはほとんどが40cmオーバーと大型です。1~6月まではテントNO6およびNO10の西側で良く釣れます。

PAGE TOP