遠投カゴ釣り、最新の遠投カゴの比較(1)

晴れ、とっきどき釣りの第44回シンボル画像

遠投カゴ釣り、最新の遠投カゴの比較と評価(1)

こんにちは! 一平です。 
第46回は、最新の遠投カゴの比較と評価(1)です
遠投カゴの比較については、第35回で報告しました。しかし、これらは2015~2016年頃に出回っていたカゴでした。
2019年8月に、あらためて最新の遠投カゴを調査しましたので、その結果を第46回と第47回で詳しく報告します。

写真ー1 7月の淡路島

写真ー1 7月の淡路島(2019年7月21日)
あわじ花さじきより東海岸を望む

1. 最新の遠投カゴの比較検討 

 検討したカゴは、沖の魚を狙うため、超遠投を目的としたカゴです。
ボディがスリムで、空気抵抗を排除した形状のカゴ11種類を選び、比較検討をしました。
下記の A~K(11種類)のカゴの名前がすらすらと出てくる人は、相当のカゴ通ですね~

写真,グラフ,表の隅に一平の表示が入っているのは、我慢してください(笑)
最近、一平の写真やグラフや表が、あっちこっちネットに出回っている(百以上)ので、
一平の表示を入れることにしました。

(1) 検討したカゴ 

写真―2、写真―3には、検討した11種類のカゴを示します。

写真ー2 超遠投カゴ一覧(1)

写真ー2 超遠投カゴ一覧(1)

写真ー3.各種の超遠投カゴ 一覧表(2)

写真ー3.各種の超遠投カゴ 一覧表(2)

2) 遠投カゴの長さ、最大径、重量、価格の比較 

 A~K までの遠投カゴの寸法、重量、価格の比較(2019年8月時点)を表―1に示します。

表ー1 遠投カゴの寸法、重量、価格の比較

表ー1 遠投カゴの寸法、重量、価格の比較

表ー1より、

1) 長さは、長いほうから順に
   B>H>C=I>A=D>J>F>G>E>K です。
   最も長いカゴは B のサンナーカゴで、135mmです。
   最も短いカゴは K の東和釣具研究所の東和カゴで、70mmです。

2) 最大径は、大きい順に
   J>F>E>D=I>K>A=H>G>B=C  です。
   胴回りの一番太いカゴは J のYAMASHITA 棚撒きシャトルで、42mmφ
   です。一番細身のカゴは、B のSANNA(サンナーカゴ) 及び C のピアレの
   遠投カゴで32mmφでした。

3) 重さの順は
   I>C>B>J>A>D=G>H=K>F>E です。
   一番重いカゴは I のカゴ釣り研究会  超遠投鳴きカゴ(NKシリーズ) NK-
   11で、78gでした。
   細身の割りに重いのがピアレの遠投カゴで71gもあります。これがピアレのカゴの飛
   距離が出る原因のひとつです。
   一番軽いかごは、E のKAIKO(海幸)アッパーロケット(ミニ) で55gでした。
   このカゴと、Gの中井工房のカゴは、長さは短くて、重量がコンパクトに詰まって
   いる為、意外に良く飛びます。

4) 価格は安い順に
   K>E>F>G>H>J>A>D>I>C の順で、Bは要注意でした。
   Bは、2019年8月の時点で、同じ製品なのに778~2,480円と価格のバラツキが大きすぎ
   ます。もし、買うなら778円の最低価格のカゴでOKです。
   一番安いのが、Kの東和カゴで、一個680円で、一番高いカゴはピアレの3、560円でし
   た。東和カゴは、少し古いタイプでプラスチックは薄く、カゴ先端の錘も丸錘なので安
   いのは分かります。
   しかし、DとIカゴは、1,400円より高いわりに、メリットは見受けられないようです。
   ピアレのカゴは細身で、加工精度が良く、重量が重いため、飛距離は良く出ますが、
   あまりに高すぎます。
   一平は、ピアレのカゴを思い切り投げて、バックラッシュして道糸が切れて、カゴと
   ウキが海のかなたへ消えていったことがあります。一瞬にして6,000円以上が飛んでい
   きました。

   これなら、SANNAのカゴで、800円程度のものを、探したほうがよっぽど気が利いてい
   ますね~

 以上が、2019年8月時点での遠投カゴの
 
① 長さ ② カゴの最大径 ③ カゴの重さ ④ 価格の比較でした。

次回は、それぞれのカゴの特徴、問題点などを詳細に検討したいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP