NO IMAGE

40cm以上の真鯛が、6月~11月まで釣れ続く平磯海づり公園

平磯海づり公園は、目の前がまさに明石海峡で、明石鯛が釣れる絶好の釣り場です。釣れる時期は4月の終わりごろから12月までです。60cm以上も時々釣れますが、一平の釣る真鯛は、25~30cm級が多いです。平磯海づり公園のベテラン真鯛釣り師は、遠投用の天秤カゴを使って、沖で釣る方法が主流です。

NO IMAGE

平磯海づり公園のアコウ釣りは、6月から11月まで

アコウ(キジハタ)は、大阪湾で獲れる魚の中では最も高価な魚の1つです。平磯海づり公園で釣れるアコウは、20~40cmのサイズが多く、30cmを超えるものは10月、11月に集中しています。また、テントNO11~西端か、テントNO5~東端の範囲を中心に釣れます。

NO IMAGE

平磯海づり公園のグレはテントNO6~13で釣れ!

平磯海づり公園では、集魚剤禁止や釣れるグレのサイズが小さいこともあって、今のところグレ釣りは中心的な釣りではありません。しかし、グレの荒食いが始まる5月、6月には数もつれ、引きが強いので本当に楽しめる釣りです。集魚剤を使わない平磯海づり公園のベテラン釣り師の仕掛けを参考にして、グレ釣りを楽しみましょう

NO IMAGE

平磯公園のチヌ釣果は少ないが、40cmオーバーが当たり前

平磯海づり公園では、集魚剤が禁止なのでチヌ釣師にとっては面白味がないかもしれませんが、その分釣り荒れていないと言えます。釣れる数は少ないですが、サイズはほとんどが40cmオーバーと大型です。1~6月まではテントNO6およびNO10の西側で良く釣れます。

NO IMAGE

平磯海づり公園のウミタナゴは、テントNO6より西側で釣れ!

平磯海づり公園での釣りで、第24回はアイナメ、第25回はメバルを取り上げました。第26回は、防波堤釣りの外道として扱われ、リリースする人も多いウミタナゴを取り上げます。この魚は、メバルと同じく平磯海づり公園では、主に中央より西側で釣れる代表的な魚です。

NO IMAGE

メバルの数釣り、超ベテラン釣り師6人の仕掛け紹介

平磯海づり公園では、メバルを狙う釣り人は多く釣果情報も2015,2016年合計で211件もあります。これはガシラの143件アイナメの86件を大きく上回っています。その中で、なんと17回も釣果情報に掲載されたベテラン釣り師もいます。第25回は上位6人のベテラン釣り師の仕掛け内容の他、メバルの釣れる時期等も報告します

NO IMAGE

シーバス狙いのルアーはバイブレーション、ウキ釣りはシラサエビ

第23回はスズキ釣りです。スズキの呼び方、シーバス名の由来、平磯海づり公園でスズキの釣れる時期と場所、釣り方法による釣果件数の違い、ベテラン釣り師の仕掛けなどについて分析した。また今週からは、次週の魚の狙い目コーナーも新設した。12月21日の週からはアイナメが狙いです。12月はポン級のアイナメが一番期待できる月です。

PAGE TOP